乳腺炎とは

乳腺炎と呼ばれるものは、母乳を与えている期間に起きてしまう乳腺の炎症反応のことです。
乳腺炎は、乳腺の詰まりや分泌がうまくいかずに母乳が乳腺に溜まった状態になることにより症状が出てきます。
あまり見られないものの乳腺にブドウ球菌などの菌が入る細菌感染が生じることで発症する急性乳腺炎というトラブルもあります。
乳腺炎の症状は、乳腺や乳頭に痛みが現れたり、場合によっては母乳が出る穴が詰まってしまい、外に母乳が出なくなります。
乳腺のところにしこりが現れたり、乳頭に白斑が認められ、痛みの症状が出ることもあります。
そして、重い乳腺炎になってくると、いきなり40度ほどの高い熱になり悪寒もするようになり、数日間この症状が続いてしまいます。
乳腺炎の原因は個人個人異なりますが、とりわけ食べ物に関しては用心することが重要になります。
母親の血液によって母乳は作られていますので、母親が体内に取り入れた食物に直ちに影響してきます。
したがって、血液の流れを悪くする食物は、母乳の流れも悪くし、おいしくないはずです。
こうしたことから、中でも赤ちゃんがおっぱいを飲む量が少ない時期には、母乳が乳腺で停滞してしまう確率が高く、乳腺炎に悩まされやすくなります。
乳腺炎を発症してしまったら、軽度の症状なら乳製品や油をセーブし、摂取する食品を慎重に選ぶことをおすすめします。
またさらに、おっぱいは夜間のほうがよく作り出されるので、夜の時間帯の授乳を2~3時間ごとに設定し、これより間隔ができてしまわないようにします。
症状が重度なら、母乳外来と呼ばれる科を訪れ、マッサージをしてもらうと良いでしょう。
こうすることでも治まらないようなら、最終的には乳腺を切開する手術を行う必要がありますが、手術を終えて数日後には母乳を赤ちゃんに与えることもできます。

乳腺炎の原因について

乳腺炎については、多様な原因により見舞われます。
特に多いものが、食べ物に端を発する乳腺炎となります。
そもそも母乳は、母親の血液から作り出されるものなので、食べ物に即座に反応を示します。
血液をドロドロにする食生活を続けてしまうと、母乳が乳腺に溜まってしまい、乳腺炎にかかってしまいます。
油を多く使った食べ物や洋菓子などといったものを食べたあくる日に、風邪特有の症状は見られないけど40度もの高熱が出てしまって、悪寒がある場合には、乳腺炎の疑いが濃厚でしょう。
こういう事態を招いたら、味付けにも気をつけて主に和食の食事にして、甘いものを口にすることがないようにしましょう。
この他、体の冷えも乳腺炎をひどくさせる可能性があります。
体の冷えによって血の流れが悪化して、作り出された母乳が円滑に出ないようになり、詰まりやすい状態に陥ります。
中でも肩が異常なほど凝っている場合は、母乳が正常に流れなくなり、うつ乳状態になってしまいます。
肩コリに効くマッサージをしたり浴槽に浸かり体の冷えを解消するようにしましょう。
しかし、間違った母乳のあげ方をしている人も乳腺炎を引き起こしやすくなります。
授乳の間隔をあけすぎたり、いつも同じ向きで母乳をあげ続けていると、乳腺の中が詰まった状態になりやすくなります。
授乳の仕方や回数・頻度を正すと良いでしょう。
一方、細菌が乳腺に入り込むことで患ってしまう急性乳腺炎と呼ばれるものもあります。
これに関しては、元来乳腺炎であったものの症状が深刻になった場合や、体調が好ましくないときなどに発症しやすいと指摘されています。
母乳が排出されなくなると、乳首部分に白斑という名前のニキビに似た白色のできものが出ます。
白斑というのは手を使って潰してしまおうとすると、そこから細菌が入りやすくなります。
乳腺炎を発症してしまった場合は、母乳のあげ方や食事の内容を考え直して、それらを実践しても症状が軽くならないときは、母乳外来や医療機関の力を借りることが大切でしょう。

タイトルとURLをコピーしました