中古車査定士の問題は難しい!?

中古自動車の買取及び販売、査定の仕事に就くためには、中古自動車査定士の資格が必要となります。

中古車査定士(中古自動車査定士)の資格を得るためには、まず、検定試験を受ける前に中古自動車査定協会が行う講習に参加し、それを修了した後、技能検定試験に合格しなければなりません。

中古車査定士には小型車査定士と大型車査定士の二種類があり、試験もそれぞれ別々に行います。
受験資格も協会指定の講習を修了する以外に、自動車販売もしくは整備等の経験が半年なければなりません。

もちろん、自動車運転免許(小型査定士受験の場合は普通免許以上、大型査定士受験の場合は大型第1種運転免許以上)は必須です。

学科試験の内容は①中古自動車査定制度、②中古自動車査定基準、同星細則及び加減点基準、③自動車の構造、その他自動車に関する法規、④保安基準、その他自動車に関する事項、⑤自動車の機能、構造等自動車工学の基礎知識、⑥その他査定に関する事項で、実技試験(ペーパーテスト)の内容が①査定の実技(乗用車)、②査定の実技(貨物車)です。

中古車査定士の試験問題は中古自動車査定協会の行う講習に真面目に参加していれば、合格できるレベルです。

模擬問題集などはなく、そういう意味では試験前の対策は立てにくいかもしれません。

また、試験時に配布された問題も、試験が終了した段階ですべて回収されます。

ですから、自分が受験した問題の回答などが知りたくても、問題に関する問い合わせは一切受付けていません。

もし、持ち帰ったら、個人の合格の取り消しだけでなく、受験企業全体の合格についても取り消される場合があるので、試験問題は間違っても持ち帰らないようにしましょう。