気になる合格率や合格発表はいつなの?

資格試験を受けようとする時、比較的合格しやすい試験なのか、難関の試験なのかはやはり気になりますが、中古車査定士技能検定の合格率はどれくらいでしょうか。

一般的には、中古車査定士技能検定の合格率はおよそ85%程度とされていますので、合格しやすい試験であると言えます。

もう少し細かく見てみると、平成24年度の試験では、小型車査定士試験の合格率は82.9%、大型車査定士試験の合格率が98.1%となっていますので、大型車査定士試験の方が合格率はかなり高いという傾向です。

逆に小型車査定士試験は、5人受けて4人合格するくらいになります。

中古車査定士の技能認定試験は、小型車査定士試験は毎年6月・12月と年に2回実施されます。
大型車査定士試験は毎年6月の1回のみです。

試験は、各都道府県の日本自動車査定協会の支所ごとに実施されますが、試験日は全国同じ日程で行われます。
試験日の2ヶ月前くらいから申請受付期間になりますが、申し込み多数の場合は、受付期間内であっても募集を締め切る場合があるということなので、早めに申し込みをした方が良いでしょう。

申し込み後に、各都道府県の日本自動車査定協会の支所から講習会の案内が届きますので、その講習会に出席することで、晴れて受験資格が得られることになります。

合格発表は、日本自動車査定協会のホームページ上で行われ、合格者の受験番号が表示されます。
平成27年度を例にあげると、小型車査定士試験が6月14日に、大型車査定士試験が6月17日に行われ、およそ1ヵ月後の7月22日~7月31日の間に合格発表が行われています。

なお、合格発表後に、当日の試験の成績などに関する詳細に関しては公表されないため、電話やFAX・メール等で問合せをしても、返答をもらうことはできません。