中古車査定士協会ってなに?

中古車査定士協会とは、査定士の技術を向上させたり、能力を評価して資格を与える事を行っています。

中古車市場では、多くの車が流通する事になるので、状態に合わせた適切な価格評価を行える事が大切です。
しかし、不十分な能力の査定士が査定を行えば、価格の評価から適切さが失われたり、正しい判断で中古車を流通させる事が出来なくなります。

その点、中古車査定士協会が存在する事によって、査定士の能力は一定以上の水準に保たれています。
中古車査定士協会は、中古車市場を守るだけではなく、査定士が技術を高める機会を与えている団体です。

査定士の育成や評価は、中古車査定士協会が一括して担っている事で、高い水準の能力と中古市場の安定性を実現しています。
中古車査定士協会には、十分な能力を持つ査定士を輩出する責任があるので、厳しい基準を元に技能検定の評価を行っています。
毎年の受験者数は、小型の方が大型を大幅に上回りますが、一方の合格率に限れば、小型の方が僅かに難易度は高いといえます。

ただ、毎年一定数が中古車査定士協会から認められたり、合格する事で輩出されているので、中古車の側には常に中古車査定士協会の査定士が存在しています。
査定士には、車の基本的な知識だけではなく、中古車を取り扱う実務を経験していたり、幾つかの条件が満たされる事によって、中古車査定士協会の検定を受ける資格が与えられます。

更に、その中から選ばれた人だけが認定されるので、実力と経験を兼ね備え選ばれた者だけが、中古車を取り扱う資格を得る事が出来ます。
民間の資格ではありますが、厳しい条件を設定して認定を行っているので、認められた合格者は十分な実力を持って査定士として活躍しています。

どれくらい市場に求人情報があるの?

中古車査定士は、市場の要求によって求人が発生するので、仕事に結び付き易い有利な資格といえます。

求人情報は、他の業種の情報と同じく、様々な情報源から中古車査定士に限定して探す事が出来ます。
中古車査定士の仕事は、車を扱う様々な場所で発生するので、比較的広範囲で求人が行われています。

報酬は中古車査定士の求人次第ですが、実績が増えれば信頼が得られるので、将来的に給与が増える可能性は十分にあります。

また、転職に有利な資格でもあるので、中古車査定士の肩書を持つ事が出来れば、それだけ仕事が探し易くなる利点に変わります。

求人情報の総数は、企業の動向や経済によって変化するので、中古車査定士に限定して厳密な数字を出す事は困難ですが、査定士の仕事がカバー出来る程度の数は市場にあります。

しかし、現代社会で車が必要とされる限り、中古車査定士の求人がなくなる事はないので、今だけではなく将来に対しても希望が持てる資格です。
資格を一つ持つ事は、仕事のチャンスを得る可能性が増えるので、中古車査定士の資格を取得する事で求人が見付け易くなります。

一方では、総数が多く人手が不足する事はないので、採用の判定が行われる場合、純粋に技術や能力で比較される事があります。
募集人数が少ない場合は、先着順で採用が決まる事もあるので、情報を見付けた時は素早く行動を始める事は必要です。

自動車運転の免許証があれば、それだけで仕事の可能性は高まりますが、この資格を持つ事が出来ると、更に好条件で仕事が行える確率は向上します。
働き方や貢献度によっては、収入を大幅に増やす事も不可能ではないので、まずは資格を活かして働ける場所を探す事が先決です。

経験を積んで増やす事が出来れば、能力が求められる場面は増加するので、一般向けの情報だけではなく、経験者が優遇される求人とも結び付き易く有利になります。

気になる中古車査定士の年収は?

中古車査定士は、主に中古車販売店や車の出張買取など使用済みの車の売却を考えてる人が査定してもらうときにこの資格を得ている人であれば信頼と説得力のあるという面から、資格がないから査定できないわけではありませんが、後で欠陥や査定ミスが発見され、ユーザーに当初提示していた金額を下げなければならない状況を発生させればユーザー自身も損した感情をいだきますし、このことが発生させた企業のイメージダウンにつながる為どちらの立場にも不利益が生じます。

そんな誤査定を防ぐためにも中古車を扱う販売店や買取店では取得すべき資格であります。

中古車査定士の資格を取得するには、自動車販売あるいは整備の経験半年以上の者で協会所定の研修を終了したものであれば小型車査定士は普通運転免許以上、大型車査定士なら大型1種免許以上取得してれば受験資格があります。

この受験資格からもわかるように業界に身を置き経験し学んできた人にとってはさほど難しい試験ではありません。
実際合格率も非常に高く平成23年度は、小型で約83%大型で約98%の合格率でした。

この中古車査定士の資格を得ることで年収は優遇されるところもあります。
比較的年収は期待できる業界で入社3年目で固定給年額470万円にインセンティブが付くことで年収520万円、入社6年目で店長をされてるケースで固定年額555万円にインセンティブなど諸手当がつき年収710万円という金額を得ています。

勿論査定士なので査定はするのは当たり前ですがそこから適正価格で車を買取して自店、あるいはグループのネットワークを駆使して数多くの車を販売することが年収アップのポイントで諸手当と頑張った結果が歩合で評価してもらえれば年収の10%ぐらいの加算が見込めるためこの資格を得てする仕事はたいへんやりがいが感じられるに違いありません。

やっぱり勉強は練習問題を繰り返し解くこと

やっぱり勉強は練習問題を繰り返し解くこととして、中古車査定士の資格の取得を目指す為には、過去の問題をしっかりと練習問題として勉強する事が得策となります。

出題傾向を見ながら中古車査定士の資格に近づく為に努力を行う事となり、そこを考えて素早く対応する為に、まずは練習問題をひたすら繰り返し解いて勉強に励む必要があります。

色々と中古車査定士も中古車の価値をしっかりと判断して行く流れとして、やはり中古車売買を行う際に必要な資格であり、取引をスムーズに行う為により知識を広める意味でも重要な資格となります。

中古車査定士として過去の練習問題を色々と解いていく中でも、今後に置ける状況から資格取得に応じた勉強方法をキッチリととっていく必要があり、まずは査定を行える状況などからも中古車の価値を判断出来る知識を広める事がとても重要となります。

色々と中古車査定士としてのスキルを問われる所も多くなっていく事からも、過去の出題傾向を判断したり練習問題を活用して勉強に励んだりする事がより合格に近づく形となります。

まずは中古車査定士の資格を取得する為の努力を惜しむ事無く、色々と過去の練習問題から勉強を繰り返していく事で、今後に出題される問題でも対応していく流れとなり、中古車査定士の資格取得に向けて前に前進していく事となります。

より良い勉強方法としても、やはり過去の練習問題が一番良い勉強方法となり、中古車査定士として資格を取得出来る状況になる為には、やはりかなりの努力も必要となります。

過去の練習問題で理解をしっかりと行う中でまずは考え方を持つ事が重要となり、試験対策を講じていく事からも対応していく事として考えていけます。

中古車査定士の問題は難しい!?

中古自動車の買取及び販売、査定の仕事に就くためには、中古自動車査定士の資格が必要となります。

中古車査定士(中古自動車査定士)の資格を得るためには、まず、検定試験を受ける前に中古自動車査定協会が行う講習に参加し、それを修了した後、技能検定試験に合格しなければなりません。

中古車査定士には小型車査定士と大型車査定士の二種類があり、試験もそれぞれ別々に行います。
受験資格も協会指定の講習を修了する以外に、自動車販売もしくは整備等の経験が半年なければなりません。

もちろん、自動車運転免許(小型査定士受験の場合は普通免許以上、大型査定士受験の場合は大型第1種運転免許以上)は必須です。

学科試験の内容は①中古自動車査定制度、②中古自動車査定基準、同星細則及び加減点基準、③自動車の構造、その他自動車に関する法規、④保安基準、その他自動車に関する事項、⑤自動車の機能、構造等自動車工学の基礎知識、⑥その他査定に関する事項で、実技試験(ペーパーテスト)の内容が①査定の実技(乗用車)、②査定の実技(貨物車)です。

中古車査定士の試験問題は中古自動車査定協会の行う講習に真面目に参加していれば、合格できるレベルです。

模擬問題集などはなく、そういう意味では試験前の対策は立てにくいかもしれません。

また、試験時に配布された問題も、試験が終了した段階ですべて回収されます。

ですから、自分が受験した問題の回答などが知りたくても、問題に関する問い合わせは一切受付けていません。

もし、持ち帰ったら、個人の合格の取り消しだけでなく、受験企業全体の合格についても取り消される場合があるので、試験問題は間違っても持ち帰らないようにしましょう。

気になる合格率や合格発表はいつなの?

資格試験を受けようとする時、比較的合格しやすい試験なのか、難関の試験なのかはやはり気になりますが、中古車査定士技能検定の合格率はどれくらいでしょうか。

一般的には、中古車査定士技能検定の合格率はおよそ85%程度とされていますので、合格しやすい試験であると言えます。

もう少し細かく見てみると、平成24年度の試験では、小型車査定士試験の合格率は82.9%、大型車査定士試験の合格率が98.1%となっていますので、大型車査定士試験の方が合格率はかなり高いという傾向です。

逆に小型車査定士試験は、5人受けて4人合格するくらいになります。

中古車査定士の技能認定試験は、小型車査定士試験は毎年6月・12月と年に2回実施されます。
大型車査定士試験は毎年6月の1回のみです。

試験は、各都道府県の日本自動車査定協会の支所ごとに実施されますが、試験日は全国同じ日程で行われます。
試験日の2ヶ月前くらいから申請受付期間になりますが、申し込み多数の場合は、受付期間内であっても募集を締め切る場合があるということなので、早めに申し込みをした方が良いでしょう。

申し込み後に、各都道府県の日本自動車査定協会の支所から講習会の案内が届きますので、その講習会に出席することで、晴れて受験資格が得られることになります。

合格発表は、日本自動車査定協会のホームページ上で行われ、合格者の受験番号が表示されます。
平成27年度を例にあげると、小型車査定士試験が6月14日に、大型車査定士試験が6月17日に行われ、およそ1ヵ月後の7月22日~7月31日の間に合格発表が行われています。

なお、合格発表後に、当日の試験の成績などに関する詳細に関しては公表されないため、電話やFAX・メール等で問合せをしても、返答をもらうことはできません。

中古車査定士の試験内容は?

中古車査定士の資格をとるためには、日本自動車査定協会が実施している「中古自動車査定士技能検定」を受験して合格する必要があります。

中古車査定士には、小型車査定士と大型車査定士の2種類があり、それぞれ異なった試験が行われます。

普通乗用車の査定に関係しているのは、小型車査定士です。
誰でも受験できるわけではなく、協会が定める一定の条件を満たしていなければ受験することはできません。
条件の中に「自動車の販売又は整備の経験が半年以上ある」という項目がありますので、免許証を持っていて知識があれば良いというわけではなく、自動車業界で働いている、あるいは働いた経験がないと受験はできません。

実際に、ある程度実務経験を積み、自動車に関する知識や扱い方のベースがある人を対象にしています。

試験内容は学科と実技に分かれています。
学科は筆記試験で、代表的な試験項目として、中古自動車査定制度 2.中古自動車査定基準、同細則及び加減点基
3.自動車の構造 4.自動車に関する法規 5.保安基準 6.自動車の機能、構造等自動車工学の基礎知識 7.その他査定に関する事項、があります。

中古車を査定する上で欠かせない、制度や基準、自動車そのものに対する知識などがまんべんなく必要とされます。

実技試験は、実際に試験官の前で、中古車の模擬査定を行います。
小型車査定士の実技では乗用車の査定を行い、大型車査定士の試験では貨物車の査定を行います。

文章と略図を用いて車両の部位と状態を示し、カーチェックシートを使って査定をする方式になっています。

試験に合格すると、JAAI(財団法人 日本自動車査定協会)に登録することで、初めて中古車査定士として活動できるようになります。
優れた査定士になるためには、それからさらに実際の現場で経験を積んでいくことが必要になります。